奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

コスト削減が先行、ネット通販のAI 顧客視点を (村山らむね)

(1/2ページ)
2017/1/29 6:30
共有
保存
印刷
その他

 今できていなくて、これからできそうなことを、全て人工知能(AI)というキーワードで語ろうとする風潮がある。新技術が夢を持つときにいつもそうだろう。特に昨年はAI元年と言われて、電子商取引(EC)業界でもたくさんのセミナーや勉強会が行われた。

CyberZ(東京都渋谷区)は小売店や外食店が簡単に「チャットボット」を導入できるサービスを始めた(イメージ)
画像の拡大

CyberZ(東京都渋谷区)は小売店や外食店が簡単に「チャットボット」を導入できるサービスを始めた(イメージ)

 ECの分野で活用が早々に期待される分野としては、まず3つあるだろう。

 1つ目は、MA(マーケティングオートメーション)への適用。MAとは、サイトを訪れた消費者がどこに興味を持ったのかアクセス状況をつかんで、最適なタイミングでキャンペーンを通知したりする仕組みだ。買ってくれる可能性が高い「見込み客」の発見から購買につなげる過程で、AIを活用したサービスが提供され始めている。

 2つ目は、顧客からの質問やクレーム対応などのカスタマーサービス機能。音声認識や、人のように対話できる「チャットボット」の高度化で実用化されている。配送方法の問い合わせなど、定型文的な答えで対応できる業務がAIで完結するのは意外と早いだろう。

 3つ目は、顧客との対話を通じたニーズの発掘だ。自分でも「欲しい」と自覚していなかったものがわかる、コンシェルジュのような機能。会話を通じてビッグデータと目の前の客のニーズを擦り合わせる。優秀な店員や美容部員のような役割も、今後AIが果たしていくだろう。

 もちろん、この3つの分野以外にも、多くのAIサービスが実用段階に移ろうとしている。ただ、どちらかというと人手不足の解消やコスト削減が優先されており、一消費者としては少し寂しい。

 クーポンを出すタイミングをAIに学ばせて「いかに割り引きをせずに買わせるか」を実現するといったツールの話を聞くと、それに対抗して、買い時を先送りし「いかにクーポンを出させるか」という消費者側のAIアプリの開発を進めてほしいと思ったりする。タヌキの化かし合いのような仕組みが、ショッピング分野でのAIの王道にならないことを祈る。

 消費者の課題解決や使い手の夢の実現というような、ユーザー視点での議論がまだ盛んではないのが残念だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

村山らむねAIネット通販

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンエコーなどの音声AIはシニアのネットショッピングに役立つか

80歳母のアマゾン初体験で見えてきたこと

 先日実家に行くと、母がニヤニヤしながらクッキーを持ってきた。「那須トラピストガレット」という、父が出張でよく買って来た思い出の洋菓子だ。「どうしたの?」と母に尋ねると、「アマゾンで買った」とドヤ顔を…続き (10/15)

人手不足が促す「店舗無人化」 スマホ決済、新業態生む予感

 慢性的な人手不足が続く中で、小売業やサービス業の人件費は高騰している。都市部ではアルバイトの時給が1000円を超えることはもはや普通の状況だ。時給が高くても採用できない企業も増えて出店計画を達成でき…続き (10/8)

スノーピークは経営危機から顧客との関係を見直した(アンバサダープログラムアワードから)

スノーピークが好例 愛着度示す「エンゲージメント」

 デジタルマーケティングやソーシャルメディアを活用したマーケティングの現場で最近よく使われるのが「エンゲージメント」という言葉だ。ツイッターやフェイスブックの投稿に対する反応率を「エンゲージメント率」…続き (10/1)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月19日(木)

  • 「監視社会」として先進国の先を行く中国 ファーウェイ幹部が語ったパブリックセーフティーの現状
  • シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
  • 10代女性のSNSは異次元、5Gアプリ委員会の調査で判明

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月19日付

2017年10月19日付

・オプト、VRやARの履歴データ収集 販促に活用
・Wi―Fiに深刻な欠陥 IoT機器各社、調査急ぐ
・車いすの安全、AIが守る 上智大が技術開発
・大阪ソーダ、UVインク用樹脂 量産 プラスチック包装材向け
・図式で変わる製品設計 モデルベース開発、複雑な構造も円滑に…続き

[PR]

関連媒体サイト