春秋

2017/1/26 2:30
保存
共有
印刷
その他

「洛中」とは京都の古くからの市街地をさす。その域内で最も古い建造物といわれるのが大報恩寺、別名、千本釈迦堂の本堂だ。1227年建立の国宝である。太い柱には「応仁の乱」の時の刀傷とされるものが残る。やりを刺した、と伝えられる親指ほどの穴もある。

▼滋賀県の大通寺の脇門には「本能寺の変」の際についたという矢弾の痕がある。秀吉の長浜城の大手門を移したもので、まだ城にあった時に「変」に呼応した勢力に攻められたのだという。何百年来のいい伝えなら、確たる証しがなくても、建物の由緒やゆかりの人物を頼りに、真偽を離れたロマンに浸るのも許されよう。

▼しかし、ひと目でわかるリアルな現実に「うそだ」と言い放たれては、話しの土台にも上れない。トランプ米大統領就任式の人出をめぐる混乱である。「150万人にもみえた」などとして、少ないと報じたメディアを「地球で最も不誠実」となじった。180万人だった前任者の時の写真と比べれば、差は明白なのだが。

▼側近にも開いた口がふさがらない。「過去最多」との強弁を批判されると「何千万人もがネットなどで見た」とけむに巻いた。45年前、7年8カ月の長期政権を終える記者会見で「僕は国民に直接話す」「新聞は出て行け」と机をたたいた首相が日本にいた。おごりは歴史に汚点を残しかねない。後世、ロマンも語れまい。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]