2017年12月16日(土)

廃熱 「地産地消を」 VB・大手企業の交流会

2017/1/23 2:00
保存
共有
印刷
その他

 産業技術総合研究所が主催する「日本を元気にする産業技術会議」(後援・日本経済新聞社)は東京都内で、産総研の研究成果を基に創業したベンチャー企業と大手企業などとの交流を図るイベント「産総研発ベンチャーTODAY」を開催した。

 冒頭のあいさつで、産総研の瀬戸政宏・イノベーション推進本部長は「創業間もない若いベンチャー企業が集まった。成功するためのビジネスモデルを作る機会にしてほしい」と期待を込めた。

 イベントでは技術系ベンチャーの経営者らが登壇。自社の技術の強みや経営計画などについて熱心に話した。

 廃熱を利用して電力を生み出す技術を手掛けるモッタイナイ・エナジー(茨城県つくば市)が注目を集めた。西当弘隆社長には、工場のほかに温泉地での廃熱を利用した発電も念頭にある。

 西当社長は「地方で生まれたクリーンなエネルギーを使って、電動アシスト自転車などを動かすといった新たな地産地消の形をつくりたい」と説明した。

 ほかにも悪性脳腫瘍の治療に挑戦するベンチャーや、超高速の遺伝子検査システムを開発するベンチャーの経営者らが登壇した。

 大手企業の新規事業担当者やベンチャーキャピタルの担当者など約50人が参加した。産総研の高井一也ベンチャー開発・技術移転センター長は「産総研の中でアドバイスできることは限界がある。いろいろな意見を集めたい」と交流に注力する考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報