トップ > 特集 > 創論・時論 > 記事

これからの民主主義の話をしよう マイケル・サンデル氏 米ハーバード大学教授

2017/1/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

第45代アメリカ合衆国大統領に20日、ドナルド・トランプ氏が就任した。選挙期間中から物議を醸した公約、ツイッターを駆使した情報発信、誹謗(ひぼう)中傷すれすれの物言いは多くの賛否を呼び、米国社会に深刻な分断をもたらしている。トランプ政権下で米国、そして民主主義はどこに向かうのか。ハーバード大学のマイケル・サンデル教授に聞いた。

■市民の無力感 解消の道探れ

――「トランプ政権」誕生の意味をどう見ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]