遺伝情報に基づくがん治療の普及を急げ

2017/1/16 2:30
保存
共有
印刷
その他

がん患者一人ひとりのゲノム(全遺伝情報)を調べ最適な治療薬を選ぶ方法が、米国や欧州で広がり始めた。日本も今夏に国家プロジェクトを始める予定だが、米欧に大きくおくれているだけに真に効果のある内容にしてほしい。

がん研究はここ10年ほどの間に飛躍的に進んだ。ゲノムを解析する装置が安価で使いやすくなり、普及したのが大きな理由だ。

特に動きが速いのは米国だ。米政府は2015年、個々人の生活習慣や病気の症…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]