/

この記事は会員限定です

マラソン日本復活させるには

[有料会員限定]

日本のマラソンの低迷が続いている。五輪のメダル獲得は男子は1992年、女子は2004年から遠ざかっている。20年の東京五輪での「お家芸」の復活にはどんな課題があるのか。昨年、日本陸連の長距離・マラソン強化戦略プロジェクト・リーダーに就いたDeNAの瀬古利彦総監督と、日本記録保持者であるカネボウの高岡寿成監督に聞いた。

超長距離走り体づくり DeNAランニングクラブ総監督 瀬古利彦氏

――日本のマラソンの現状をどのように把握していますか。

「私が知っている限り、過去...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン