/

この記事は会員限定です

50年もつ仮設アリーナ、建設費と工期半減

[有料会員限定]

構造設計の日本建築構造センター(東京・渋谷、井口哲朗社長)は仮設型アリーナを開発した。シンプルな構造で、建設費や工期を従来の半分以下に抑え、最長50年ほど使える。競技施設やイベント会場の相次ぐ改装を受け、予算の限られた自治体やスポーツ団体に需要があるとみている。2020年までに30棟の受注を目指す。

スポーツやイベントに使う「ローコストアリーナ」を開発した。橋梁大手、横河ブリッジホールディングス子会社の横河システム建築(千葉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン