春秋

2016/12/22 2:30
保存
共有
印刷
その他

つり屋根がいまでも斬新な国立代々木競技場と、法隆寺夢殿を模した日本武道館。1964年東京オリンピックを象徴する2つの施設は驚くべき突貫工事で完成した。工期は代々木が1年半、武道館はほぼ1年だった。がむしゃらな、あの時代ならではの離れ業だろう。

▼半世紀あまりを経たこんどの東京五輪に、そんな熱気は望めないらしい。きのう決着したバレーボールなど3会場の問題で、世の関心を集めたのは終始「コストカット」だ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]