/

この記事は会員限定です

税金は子どものために 高齢者が自ら提案(ルポ迫真)

[有料会員限定]

高齢者向けの支出をカットして、子育て対策に充てる――。必要なはずなのに高齢者の反発を恐れて避けがちなこの政策。これを高齢者自らの提案で実現した町があると聞いて訪ねた。

鹿児島県徳之島の南に位置する人口6900人ほどの伊仙町。出生率は全国ダントツ1位の2.8。100歳以上の人口比率も全国上位という、子育てと長寿を両立する小さな町だ。

この町が2012年、大きな決断をした。高齢者に年齢に応じて年5千...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン