トップ > 特集 > 交渉の行方 > 記事

日ロ交渉 消えた楽観論 首脳会談の舞台裏

2016/12/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は15、16両日の首脳会談で、北方四島の共同経済活動に向けた協議開始で合意した。一方、日本が平和条約締結の前提とする四島の帰属問題の解決では、進展はなかった。日本国内では一時、領土問題進展の機運も高まっていたが、なぜそこまで至らなかったのか。両国の交渉の舞台裏を探った。

■「まず信頼構築から」

5月、ロシア・ソチでの首脳会談。首相はプーチン氏と通訳だけを交えて約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]