春秋

2016/12/15 2:30
保存
共有
印刷
その他

30年ほど前、仏タイヤメーカーのブラジル法人社長をつとめていたカルロス・ゴーン氏の憩いの場はゴム農園だった。インフレが深刻ななか木々を巡れば心が安らいだ。農園はまた企業の経営を考える場でもあった。自著「ルネッサンス―再生への挑戦」に書いている。

▼木を育ててゴム原料の樹液を採るには、いくつものプロセスを踏む必要がある。「一年かけて土地を耕し、豊かな土壌を作り、翌年タネを蒔(ま)く」。樹液を得るまでには7年を要した。ビジネスにも通じると思ったという。成果を上げるにはどのプロセスもおろそかにできず、どこか省略すれば「ろくなことにならない」と。

▼リコール隠しに燃費不正と不祥事が後を絶たない企業体質の改善も、一つ一つを丁寧に直すことが欠かせまい。ゴーン氏が日産自動車社長のまま三菱自動車会長に就いた。組織が縦割りで不正が見逃されやすい、消費者目線が足りない、品質管理部門の力が弱い……。考えられるすべての問題に正面から向き合ってほしい。

▼ブラジルの農園でゴーン氏は、ゴムの木に向かない広大な土地には絶滅の危機に瀕(ひん)した種などを植林することにした。降雨が増える効果も狙った。美しい景観に変わった土地はその後、従業員らから、「ゴーン・ガーデン」と命名された。社内に一体感が出てきた表れでもあったろう。三菱自動車では何が始まるだろうか。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]