/

この記事は会員限定です

開発原則、懸念払拭へ公表

[有料会員限定]

マイクロソフトがAIの研究に乗り出したのは1991年。AIにかかわる社員は世界で5000人を超える。最近でこそ米グーグルや米フェイスブックなどが脚光を浴びているが、AI研究の先駆けとして数々の成果を上げてきた。

ナデラ氏が開発原則を公表したのは7月中旬。社内外に明示し、安全や雇用、プライバシーなど人々がAIに抱く懸念を払拭しようとする試みは業界に一石を投じた。

ナデラ氏が認めるように、マイクロソフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン