2018年10月18日(木)

食事やタクシーが「お勘定レス」 変わるお金の感覚 (三浦茜)

(1/2ページ)
2016/11/20 6:30
保存
共有
印刷
その他

外でのランチは時間がかかる。席について、メニューを選び、調理されるのを待つ。そして運ばれてきたら食べて、お会計をお願いする。米国の場合、テーブルごとにオーダーもお会計も同じ人に頼む必要がある。

「オールセット」は入店前に注文や会計を済ませられる

「オールセット」は入店前に注文や会計を済ませられる

担当者が決まっているというと聞こえがいいが、その人にしか頼めないため逆に時間がかかる原因になっている。最低でも1時間、通常は1時間半ぐらい。ということで筆者はほとんど外食しない。だがこれを40分も短縮してくれるアプリがあるという。レストランの席の予約、注文、そして支払いまで済ませられるAllset(オールセット)というアプリだ。

先日、友人とランチの際に使ってみた。アプリを開くと近くでサービスに対応しているレストランが表示される。現在サンフランシスコとニューヨークで140店が登録されているそうだ。徒歩5分のフレンチビストロを選び、メニューからハンバーガーを選んだ。

友人の好みを聞くのに少し手間取った。予約の時間は15分刻み。30分後を選び、しばらくするとレストランから予約確定の通知がきた。店が混んでいる時などは、断られる場合もあるようだ。

予約した時間に店に行くと、何も言わないうちにバーガーが出てきた。ものの1分ほどだった。そのままバーガーを食べて席を立つ。お支払いは無し。レストラン滞在時間は20分ほどだった。確かに40分短縮されている。正直なところ、料理を待つ間の会話もなく、店員との会話もないため、少々味気ない気がした。1人ランチ向きのサービスかもしれない。

店員にオペレーションを聞いたところ、店用と思われるアプリを見せてくれた。筆者がアプリ登録時にフェイスブック認証を使ったため、そこには筆者の顔が表示されていた。それで判別したらしい。店はオールセットに1人あたり1ドルを払う。このアプリ導入でランチの売り上げが25%向上した店もあるという。集客になり回転も速いので店としても良いサービスではないだろうか。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報