/

この記事は会員限定です

HVのトヨタ転機 EV量産

環境対応、提携の呼び水

[有料会員限定]

トヨタ自動車電気自動車(EV)への本格参入を検討する背景にあるのは、世界的に強まる環境規制などの各国の政策だ。世界最大の自動車市場となった中国はEVやプラグインハイブリッド車(PHV)の普及を後押しし、米国でも同様の流れが強まる。ハイブリッド車(HV)で大きく先行した同社も転機を迎えている。

エコカーは普及してこそ環境への貢献との信念は変わらない。二酸化炭素(CO2)の排出抑制には実績を重ねてコストも下が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン