攻めに徹する カーリング・SC軽井沢クラブ(中)

2016/10/25 15:30
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

世界を意識し、SC軽井沢クラブは隙あらば複数得点を狙う攻めのカーリングを貫いてきた。格下相手に手堅く勝利を拾うようなゲームはせず、果敢にハウス(円)内の攻防を仕掛ける。チームを指導する長岡はと美コーチはいう。「私たちのカーリングはハイリスク・ハイリターンです」

一般に力の劣る相手ならストーンをはじき出していく守りのゲームをするのが勝利への近道だ。重圧に耐えきれず、対戦相手はどこかで自滅する。国内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]