2019年2月17日(日)

中田英寿氏がネット活用指南 世界見据えよ (徳力基彦)

(1/2ページ)
2016/10/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

9月に開催された、日本最大規模の広告業界のイベントである「アドテック東京」。

今年は、基調講演に登壇した元サッカー選手の中田英寿氏の問題提起が非常に印象に残ったので紹介したい。

中田氏は外国人向けの日本酒アプリなどに携わっている

中田氏は外国人向けの日本酒アプリなどに携わっている

中田氏と言えば、現在の日本人選手の海外での活躍の土台を作った日本サッカー界を代表する選手の一人だが、彼が現在力を入れている活動の一つが日本酒の世界展開だ。

アドテックで中田氏は、日本酒や工芸品などの日本の伝統的な産業は世界的にも質の高いものが多いのに、インターネットの活用が遅れていることが多いと指摘。昔ながらの伝統産業にネットが入ることに大きな可能性がある、という問題提起がされていた。

例えば中田氏が力を入れている活動の一つが、「Sakenomy(サケノミー)」という日本酒好きのためのアプリ。

海外で日本食ブームが広がっている関係で、日本酒に興味を持つ人も増えているが、海外の日本通にとって最大の課題は日本語のラベルが読めないこと。そこでサケノミーではアプリで日本酒のラベルを撮影すると、英語で表示される機能を実装。日本語が分からない人でも日本酒を楽しめる環境作りを模索している。

さらに、ワインに比べると低価格が当然の日本酒のブランド化を進めるために、2013年には高木酒造と日本酒「N」を海外向けに販売。その値段は超高級ワインなみだったというから、日本酒業界からすると明らかに常識破りの手法だろう。

中田氏の姿勢で特に興味深かったのは「サッカー選手時代と今とで自分の中では違いがない。自分が面白いと感じることに全力を注いでいるだけ」と淡々と語っていた点だ。サッカーでも世界一を目指していたように、当然日本酒でも世界一を目指している。

シンプルに世界で勝つことを考えているかいないか。中田氏の発言を聞いていて、実は日本企業に欠けているのはその一点なのでは、と感じた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報