/

この記事は会員限定です

東大・会津大など 地域通貨 広がるブロックチェーン(4)

分散管理し低コストで

[有料会員限定]

福島県会津若松市のイベント会場。来場者がゴミ拾いなど地域に役立つ行動をすると、見返りとしてスマートフォン(スマホ)に、電子データが送られる。そのデータは地元での買い物などに使える「資産」となる。

東大、会津大、国際大学とソフト開発会社のソラミツ(東京・港)は、ブロックチェーンを使ってこのような地域通貨を発行する実験を年内に始める。「ビットコイン」のような仮想通貨だけでなく、規模は小さいが、より地元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン