/

この記事は会員限定です

ベンツ中核モデル、運転支援技術が突出 価格も

メルセデス・ベンツ日本「Eクラス」

[有料会員限定]

世界累計で1200万台以上を販売したメルセデス・ベンツの中核モデルで、全面改良は7年ぶりとなる。高速道路で前車を自動追従するほか、ウインカー操作のみで車線変更できる機能、運転者が気を失うなどで一定時間、運転操作をせずに警告にも反応しない場合に自動的に減速停止する機能など先進の技術を多く採用。限定的ながら自動運転に対応している。

前車を自動追従する場合は、前車が停止してから30秒以内なら自動で再発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン