/

この記事は会員限定です

甘いトマトはフィルム育ち 肥料や水が半減

デンカの先端農法

[有料会員限定]

化学メーカーのデンカは、ベンチャー企業と共同開発した土を使わない新しい栽培法システムを実用化した。養分を含ませた高分子フィルムの上で作物を育てる手法で、従来の水耕栽培に比べても水と肥料の使用量を大幅に減らせる利点がある。国内ではトマト栽培で採用が始まり、将来は水や土壌に課題のある海外での展開も目指す。

「こんな甘いトマトを初めて食べた」。神奈川県内の農園で今年6月、デンカのシステムを使って育てたトマトが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン