/

この記事は会員限定です

貨幣には「元帳型」と「トークン型」 仮想通貨とブロックチェーン(3)

国立情報学研究所准教授 岡田仁志

[有料会員限定]

分散型仮想通貨の代表であるビットコインは、発行主体を持たず中心がないことを特徴とします。発行主体が存在しないお金というのは、歴史的にもおそらくまれなことでしょう。仮想通貨は貨幣の歴史にどのように位置づけられるのでしょうか。

英イングランド銀行の開催した勉強会で、貨幣史に仮想通貨を位置づけようとする意欲的な考察が報告されました。貨幣の歴史を古代まで遡ってみると、貨幣というのは一冊の元帳に取引を記録す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン