/

この記事は会員限定です

豊洲盛り土、都の説明は実態と相違 知事「対応が不十分」

[有料会員限定]

東京都の小池百合子知事が10日の緊急記者会見で明らかにした豊洲市場(江東区)の建物の下の「盛り土問題」。都は市場の紹介資料などで「きれいな土を盛り、きれいな土と入れ替える」と説明していたが、実際には盛り土をしておらず、食い違いが判明した。築地市場(中央区)からの移転を推進してきた業界関係者も「移転自体が難しくなりかねない」と懸念を強める。

土壌汚染対策工事は「食の安全」を確保し、都民の懸念を払拭す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン