/

この記事は会員限定です

ブロックチェーン、高速・高頻度取引に弱み

[有料会員限定]

「ダボス会議」で知られるスイスの世界経済フォーラムは、2027年に世界のGDP(国内総生産)の1割がブロックチェーン上の経済活動に置き換わるとの予測をまとめた。だが、実用化までには課題もある。

「不動産取引でよく争われる二重譲渡の問題に今のブロックチェーン技術は無力」。国立情報学研究所の岡田仁志准教授はこう指摘する。

ブロックチェーンは一定の期間に発生した取引をまとめて塊(ブロック)として記録する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン