/

この記事は会員限定です

「ヒルズに憧れ」今も 六本木、誇りで生きる

解を探しに 私の居場所(1)

[有料会員限定]

「全国から外車で集まった取引先と、ヒルズのオフィスで会議をする。かっこいいでしょ?」。東京・六本木の雑居ビルの一室で、羽田野真寛さん(27)は「10年後の夢」を語り始めた。

ついたてに隔てられたわずかなスペースには机とパソコンだけ。六本木ヒルズまで徒歩10分の「1坪オフィス」には、羽田野さんの会社を含め20社ほどが入居する。「いつかはヒルズ族に」と夢見る若い起業家たちの出発地点だ。

羽田野さんが友...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン