/

この記事は会員限定です

陰の主役は「舛添問題」 ルポ混戦(4)

[有料会員限定]

有権者1000万人を抱える首都東京。組織力や知名度に強みを持つ自民、民進、公明、共産各党の候補者4人が抜け出たが、残る2議席を巡り27人がせめぎ合う。政治資金流用疑惑で前都知事、舛添要一が辞任したことにより、首都決戦はにわかに「政治とカネ」問題が焦点に浮上した。

「舛添問題は許さない。とことん戦う」。参院選公示日の6月22日。民進現職、小川敏夫は東京・練馬での第一声で真っ先に政治資金問題をぶちあげ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン