/

ザ・カルテル(上・下) ドン・ウィンズロウ著

国家が麻薬に動かされる「戦争」

これは犯罪小説ではなく戦争小説だ。

(峯村利哉訳、角川文庫・各1200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

血みどろの「麻薬戦争」を30年間にわたって描き、各種ミステリベストテンの上位を総なめした『犬の力』の続編である。今回、描かれる期間は前作よりも短くなっているものの、濃密さ、広がりという点ではさらに上といえる。

前作の主人公2人のうち、麻薬王のアダン・バレーラは脱獄して、再び麻薬カルテルのトップに君臨する。DEA(アメリカ麻薬取締局)の捜査官、アート・ケラーは報復を避けて潜伏生活を送っていたが、バレーラを追い詰めるために再び"戦場"に赴く――という状況説明を冒頭で描いた後は、とにかく一気呵成(かせい)。麻薬カルテル同士の「戦争」、裏切りと凄(すさ)まじい暴力、国家そのものが麻薬カルテルに動かされてしまうという、通常の正義感や倫理観では理解できない状況に頭を揺さぶられながら、読む方も2人の戦いに巻きこまれていくことになる。

恐ろしいことに、読み進むに連れて、人が死ぬことに麻痺(まひ)してしまう。残虐な殺人シーンや拷問の描写が満載で、最初は身がすくむ思いがするのだが、やがて死者を「数」としてしか捉えられなくなる。本書を犯罪小説ではなく戦争小説と呼ぶべき所以(ゆえん)である。そう、死者の「個」が消え、統計上の数字に変貌するのが戦争だから。

もちろん本書は、単に血と暴力の描写の迫力のみで評価されるべきではない。家族を軸とした、濃密な人間関係も読みどころの一つだ。そしてメッセージは控えめながら、「いったいなぜメキシコがこんな国になってしまったのか」に関するウィンズロウの主張は、はっきりと読み取れる。鶏が先か卵が先かの議論になってしまうのだが、メキシコとアメリカの一筋縄ではいかない二国間関係を念頭に置いておかないと、著者の真意は読み取れない。

それにしても、爽やかささえ感じさせたデビュー作の私立探偵物『ニール・ケアリー』シリーズからここまで、ウィンズロウはとんでもなく遠くへ来たものだと思う。

作家には同じテーマをずっと深めていくタイプと、テーマも文体も変貌していくタイプがいるが、ウィンズロウは明らかに後者である。様々なタイプの小説を書いてきた後でたどり着いたのが、本書と『犬の力』なのだろうが、これからどのように変化していくかが、また興味深い。個人的には、米・サンディエゴを舞台にサーファー探偵が活躍する、ちょっとソフトな『夜明けのパトロール』の世界観も好きなのだが。

(作家 堂場 瞬一)

[日本経済新聞朝刊2016年7月3日付]

ザ・カルテル (上) (角川文庫)

著者 : ドン・ウィンズロウ
出版 : KADOKAWA/角川書店
価格 : 1,296円 (税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン