アリの行列から学べ 成田の入国審査、待ち時間半減
進化の扉、バイオミメティクス(下)

(1/2ページ)
2016/6/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生物の優れた機能を模倣して技術革新に結びつけるバイオミメティクス。まねの対象は形状や構造といった「見た目」だけはない。なぜ魚や虫の大群が、お互いぶつからず、混乱もなく移動できるのか。生物の習性やコミュニケーション手段を研究し、「行動」を模倣する取り組みも活発になっている。

■渋滞の研究応用

「今の仕事のやり方はアリ以下ですよ」。東京大学の西成活裕教授は企業経営者にそう語ることが多い。製造業や物流業…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]