/

この記事は会員限定です

中国国有企業改革当事者に聞く

[有料会員限定]

中国の国有企業改革が難航している。経営の効率化や国際競争力の強化など解決すべき課題は山積する。大型国有企業を所管する国有資産監督管理委員会(国資委)で副主任(次官級)を務めた邵寧氏と、旧・中国遠洋運輸集団トップで業界再編を主導した馬沢華氏に展望を聞いた。(聞き手は北京=阿部哲也)

成果には5~10年 国資委・元副主任の邵寧氏

――経済が減速する中、国有企業改革が遅れているとの声は多いです。

「国有企業改革が難しいのは、雇用問題に直結するから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1376文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン