/

この記事は会員限定です

<海を渡る ニッポン新幹線>(上)

アジアの受注に照準 台湾の車両更新カギ

[有料会員限定]

日本政府が成長戦略の中核にすえるインフラ輸出。その重要なカードが新幹線だ。「安全性」「信頼性」という強みを生かし、東海旅客鉄道(JR東海)が海外への売り込みに一段と力を入れている。中国が存在感を高めるなか、日本の新幹線は海を渡るのか。

5月のある晴れた平日。午前9時すぎに台北を出発した左営(高雄市)行きの列車はほぼ満席だった。「所要時間が短くて助かるよ。月に1~2回は使うね」と乗客の康佳盟さん(45)。

JR東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン