/

この記事は会員限定です

難聴者の8割が聞こえるスピーカー ヒントは蓄音機

スピーカー開発 サウンドファン

[有料会員限定]

耳の遠い難聴者でも、聞き取りやすいスピーカーを開発するのがサウンドファン(東京・台東)だ。従来のスピーカーとは大きく異なり、曲面から音を発生させるという特殊な手法を用いることで聞こえやすさを実現した。難聴者の8割程度で効果があるという。銀行や公共機関などでの設置を進める考えだ。

「これまでのスピーカー市場を一新する力がある製品だ。難聴者のみならず健常者にも優しい『音のバリアフリー化』を進めたい」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン