オバマ氏、広島で献花 「核廃絶めざす勇気を」
被爆者と対話、抱擁 現職米大統領で初、謝罪はせず

2016/5/28 3:30
保存
共有
印刷
その他

オバマ米大統領は27日夕、現職の米国大統領として初めて被爆地、広島を訪れた。平和記念公園の資料館を見学し、原爆慰霊碑に献花した。この後の演説で米国を含む核保有国は「『核兵器なき世界』を目指す勇気を持たなければならない」と述べ、核廃絶への決意を訴えた。かつて激しい戦火を交えた日米両国について「同盟関係だけではなく友情を築き上げた」と語り、日米の和解の軌跡と揺るぎない同盟関係を強調した。

オバマ氏は…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]