円安一服、消える3兆円 企業収益 試練の時(上)
追い風やみ、地力問う

2016/5/23 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

円安と旺盛な外需がけん引してきた企業収益が転機を迎えた。経常利益が7年ぶりに過去最高を更新した前の年から一転、決算が出そろった2016年3月期は4年ぶりに減益に転じた。今期も3%の増益にとどまる。経営環境の変化に企業は揺さぶられている。

■資源安も重荷に

「これまで数年間は追い風参考記録。風がやみ、等身大の姿が見えてきた」

トヨタ自動車の豊田章男社長が決算会見で語ったこの言葉が、今回の決算を象徴す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]