ルノワール展

フォローする

ぶらんこ 歌人・水原紫苑
生命のよろこび ルノワール展から(5)

2016/5/20付
保存
共有
印刷
その他

青いこもれ日の中に浮かび上がる、ぶらんこに乗った美しい娘ジャンヌ。そのドレスにリズミカルに並んだ青いリボンは、ジャンヌが絵の中の女王様であることを示している。

こちらに背中を見せてジャンヌを見つめている男の青い上着。うらやましそうにジャンヌを見上げる小さな女の子のドレスの、袖と裾に反復される青い縁飾り。2人は、どちらもジャンヌをめぐる惑星である。

歌人 水原紫苑

歌人 水原紫苑

青のほかには、補色に近い黄色が、ところどころに配されている。ジャンヌの金髪、男たちと女の子の帽子の色。そして2番目の男は黄色いシャツを着てジャンヌを見る男を見ている。惑星をさらにめぐる衛星である。

ところが、女王様のジャンヌは、バラ色のふっくらした顔をわずかに傾けて、唇を開いているが、笑ってはいない。はにかんでいるのだろうか。ほんの少し、憂い顔のようにも見える。せっかく、ぶらんこに乗っているのに、こぎ出そうともしないのである。

この上なく美しい青い光の空間は、幸福というものそれ自体の形象なのだ。絵の中の人間たちは、永遠に幸福に気づかないのかも知れない。

 「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」は8月22日まで東京・六本木の国立新美術館で開催(8月16日を除く火曜休)。

ルノワール展をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ