核・ミサイルに固執 権威付け にじむ不安

2016/5/19 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

平壌に「ミサイル」があふれている。小中学生が技能を磨く課外活動施設の万景台学生少年宮殿に記者が入ると、北朝鮮が「人工衛星」の打ち上げに使ったロケット「銀河3号」の模型がそびえ立っていた。金正淑平壌製糸工場内の託児所の園庭では幼児がロケットを模した乗り物に興じ、平壌を離れる際には空港内のキッズスペースでロケットの絵をみつけた。

いずれもモデルは事実上の長距離弾道ミサイルだ。子どもが集まる施設や場所…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]