/

この記事は会員限定です

国債購入、海外勢27%に マイナス金利導入3カ月

企業・住宅ローン恩恵、預金利息は目減り

[有料会員限定]

日銀によるマイナス金利政策の導入から16日で3カ月。住宅ローン金利が下がり、企業が資金を調達しやすくなるなどの効果が見え始めている。ただ企業や家計が実際に投資や消費を増やすかはこれからで、景気や物価への影響はなお未知数。金融市場のゆがみや銀行収益の悪化などの副作用も目立っており、人々の不安を高めているとの声もある。

「目立つのは外国人と『日銀トレード』だけ」(東海東京証券の佐野一彦氏)。マイナス金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン