先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

愛着わく「ロボホン」 AIBOの後継者なるか
山田 剛良(日経コンピュータ副編集長)

2016/5/19 6:30
共有
保存
印刷
その他

 利用者との対話や情報提供を主な用途とするコミュニケーションロボットの本命の1つ、シャープの「RoBoHon(ロボホン)」が5月26日に発売される。本体価格は19万8000円(税別)。これ以外に音声認識などを提供するクラウドサービス「ココロプラン」の月額980円(同)の利用料がかかる。

ロボホン(左)は他のコミュニケーションロボットに比べ小さい(4月のイベント)
画像の拡大

ロボホン(左)は他のコミュニケーションロボットに比べ小さい(4月のイベント)

 決して安いとは言えない価格の理由や、ロボホンの真の魅力について、ちょうど手元に届いた試用版のロボホンを触りながら考えてみた。

 「動くロボホンを実際に見たらものすごく欲しくなりました。あの不思議な魅力は何なんでしょうね?」と話すのはロボット関連の調査などを手掛けるロボットスタート(東京・渋谷)の中橋義博社長。中橋氏はロボット業界の有志で主催する業界懇親会「ロボットパイオニアフォーラム」の仕掛け人の1人だ。

 同フォーラムは4月、国内外のコミュニケーションロボット15体を一堂に集めたイベントを開いた。会場で見たロボホンは、他のロボットと大きく違っていた。

 他に比べて小さいのだ。高さ19.5センチ、重さ390グラムのサイズは会場にそろったロボットの中では最小クラス。それでいて二足歩行のために13個ものモーターを備え、可動部が多い。

 ロボットの部品コストはモーターの数に大きく左右される。可動部が多ければ故障のリスクも高まる。二足歩行できるコミュニケーションロボットは他に仏アルデバラン・ロボティクスの「NAO(ナオ)」などがあるが、いずれもロボホンより高価だ。

 技術面からはロボホンの価格19万8000円は「かなり頑張った」と言える。逆に言うと二足歩行を諦めてモーターを半分にすれば、もっと売りやすい10万円前後の価格も可能だったはず。なぜそうしなかったのか。

 それを解くヒントはロボホンのコミュニケーション力にある。音声認識が完璧という意味ではない。かなり正確であるが失敗もする。しかし失敗した時の仕草がかわいらしく、あまり腹が立たないようになっている。

 細かい芸もある。例えば、メールを読み上げるときに文章中の「ありがとう」「電話」「運転」などの言葉に合わせてそれらしく身ぶり手ぶりしたりする。

やまだ・たけよし 東工大工卒、同大院修士課程修了。92年日経BP社に入社、「日経エレクトロニクス」など技術系専門誌の記者、日本経済新聞記者を経て16年から現職。京都府出身、50歳

やまだ・たけよし 東工大工卒、同大院修士課程修了。92年日経BP社に入社、「日経エレクトロニクス」など技術系専門誌の記者、日本経済新聞記者を経て16年から現職。京都府出身、50歳

 この辺りの作り込みには、開発に協力したロボットクリエーターの高橋智隆氏のノウハウが生きている。高橋氏は4月の発表会などで、ロボホン最大の魅力を「愛着」と表現し「小さい方が賢く見える」「少し生意気な言葉遣いの方がかわいく感じる」などロボホンに込めた愛着を生む仕掛けの一端を明かしている。

 このサイズでの二足歩行や頭部に内蔵したプロジェクターといった一見、過剰な機能を備えたのも、愛着を生むための仕掛けなのだ。小さい身体で一生懸命、しかし意外に賢く頑張る姿こそが「ロボホンの不思議な魅力」を形作っている。

 ロボホンは役に立たないから欲しくなるのだ。2台目のスマホを選ぶように、機能と価格だけで購入を決める商品と考えると見誤る。

 とはいえ、19万8000円はおいそれと出せる額ではない。実機に触れないと魅力が伝わりにくいのも難しい要素だ。ただ、シャープが挑むこの困難な市場には成功の前例がある。1999年にソニーが発売した「AIBO(アイボ)」だ。

 約7年間の販売で約15万台を売ったアイボの市場を、10年の時を経て引き継げれば「年内に10万台を超える」(4月の発表会におけるシャープの長谷川祥典・専務執行役員)という野望はあながち夢ではないかもしれない。

[日経MJ2016年5月16日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

動画視聴の状況を分析したブライトコーブの画面

アップルやスタバに学ぶ 安価で緻密なネット顧客調査

 先日のことだ。発売されたばかりの「アップルウオッチ3」を購入した。音楽データを時計に反映する方法が分からなかったので検索。公式サイトの指示通りにすると、問題が解決した。すると画面にアンケートが登場し…続き (10/12)

iPhoneXが話題を呼んでいる=AP

AP

新iPhone、注目すべきはAR アプリ開発者に可能性

 すでに全世界で12億台を出荷したとされるアップルのスマートフォン(スマホ)の新製品が発売される。従来機種の改良版「iPhone 8」は先ごろ発売ずみだ。さらに、誕生10年目を意識し、「進化」を打ち出…続き (10/5)

表情から感情を検知(展示場のマイクロソフトのブースにて)

感情検知の技術に広がり マーケティングに応用も

 先日、テクノロジー関連会議の展示場で、あるブースの前に立った。ウェブカメラが私を含め、その周辺にいた数人の参加者の顔を映している。スクリーンをよく見ると、その顔が四角で囲まれて定義され、その上にそれ…続き (9/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月19日(木)

  • 「監視社会」として先進国の先を行く中国 ファーウェイ幹部が語ったパブリックセーフティーの現状
  • シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
  • 10代女性のSNSは異次元、5Gアプリ委員会の調査で判明

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月19日付

2017年10月19日付

・オプト、VRやARの履歴データ収集 販促に活用
・Wi―Fiに深刻な欠陥 IoT機器各社、調査急ぐ
・車いすの安全、AIが守る 上智大が技術開発
・大阪ソーダ、UVインク用樹脂 量産 プラスチック包装材向け
・図式で変わる製品設計 モデルベース開発、複雑な構造も円滑に…続き

[PR]

関連媒体サイト