/

この記事は会員限定です

ミセス・ワタナベ活発 FX取引高、初の5000兆円超え

昨年度、リスク管理課題に

[有料会員限定]

個人投資家が少ない手元資金で多額の外貨を売買できる外国為替証拠金(FX)取引が活況だ。2015年度の取引金額は初めて5000兆円を超え、4年連続で過去最高を更新した。円相場の変動が大きくなり、為替差益をねらう「ミセス・ワタナベ」が取引を増やしている。

ただ、年初からの円高の流れに乗りきれず損失を抱えた個人も多いとみられる。今後も円高を見込んだ取引が増える可能性があり、リスク管理も課題になる。

金融...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン