/

この記事は会員限定です

世論の分断 より深刻に

[有料会員限定]

悩める超大国の再生を担うのは過激な異端児か、それとも経験豊富な政策通か。11月の米大統領選は好対照の2人が相まみえる構図となる。

「反主流派」と「主流派」の対決は過去にもあったが、国内の分断をあおる危険はいつも以上に大きい。世界にはびこるポピュリズムの波にのまれ、自由で多様な社会を尊ぶ米国の価値観が揺らぐ恐れもある。

「奴隷解放宣言」で知られるリンカーン元大統領が礎を築いた共和党は、いよいよ崖っぷ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン