保守 分裂で迷走 朴氏罷免で支持率急落
候補統一できず

2017/5/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国大統領選で最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補の当選が確実になった。同氏を大統領に押し上げる一因は、革新系の対抗勢力である保守系が分裂し、本命候補を一本化できなかったことにある。保守系候補は朴槿恵(パク・クネ)大統領への反発から高まった保守政党への否定的な見方を、最後まで突き崩すことができず「反朴」のうねりにのみ込まれた。

韓国大統領選は、保守系と革新系…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]