トップ > 特集 > 対米外交 > 記事

東南ア、中国けん制へ傾く 米の関与拡大に呼応

2015/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シンガポール=吉田渉】東南アジア諸国連合(ASEAN)が南シナ海で埋め立てを強行する中国のけん制に傾きつつある。駆逐艦派遣など米国の対中圧力強化に呼応し、「中立」を保ってきたインドネシアやマレーシアも対中批判を公言し始めた。中国は巻き返しを狙っており、11月に相次ぐ国際会議で米国との綱引きが続く見通しだ。

ASEANが11月3、4日にマレーシアで開く国防相会議が公の場での米中攻防の第1幕となる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]