トップ > 特集 > 内政 > 記事

中国、一人っ子政策撤廃 5カ年計画
経済減速で転換 6%台後半「中高速成長」へ

2015/10/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=大越匡洋】中国共産党の中央委員会第5回全体会議(5中全会)は29日、4日間の日程を終え、2016~20年の「第13次5カ年計画」草案を固めた。成長力の低下につながる働き手の減少を食い止めるため「一人っ子政策」を撤廃し、すべての夫婦に第2子の出産を認める方針を示した。成長の緩やかな鈍化を容認する一方、経済の安定を最優先課題に据え、年6%台後半から7%程度の「中高速成長を保つ」と明記した。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]