/

この記事は会員限定です

上海株、急ブレーキ 信用取引過熱で高値警戒

2週で19%安

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国・上海株が下げ足を速めている。上海総合指数は26日、前日比7.4%安と急落した。12日に付けた約7年5カ月ぶり高値からの下落率は19%に達する。追加緩和期待が後退するなか高値警戒感が浮上。成長減速下で急上昇してきた上海株式市場は転機を迎えつつある。株安が個人消費に冷や水となる恐れもある。

上海総合指数の26日終値は4192と約1カ月半ぶりの安値水準となった。個人のパニック売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン