トップ > 特集 > 新着 > 記事

中国、為替介入を抑制 米中戦略対話が閉幕
首脳会談控え協調演出 南シナ海対立解けず

2015/6/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=大越匡洋】米国と中国が経済や外交の懸案を話し合う戦略・経済対話が24日午後(日本時間25日午前)、ワシントンで閉幕し、両国関係の焦点は9月の習近平国家主席の訪米に移った。対話では中国が通貨・人民元の為替介入を控えると公約するなど一定の成果もあったが、南シナ海を巡る対立は解けず、冷え込む大国関係が浮き彫りになった。

24日に記者会見したルー米財務長官によると、中国は今回の対話で「為替…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]