比大統領、南シナ海仲裁判決「いずれ議論」

2016/10/25 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピンのドゥテルテ大統領は24日、首都マニラで日本経済新聞など日本メディアの取材に応じ、南シナ海の領有権を巡る7月の仲裁裁判所判決について「いずれ中国と話し合わなければならないだろう」と述べた。中国が求める判決棚上げには応じない姿勢を示した。

ドゥテルテ氏は25日に来日するが、それに先立って訪問した中国での習近平国家主席との会談では、南シナ海のほぼ全域に主権が及ぶとする中国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]