「反緊縮」急進左派リード
単独過半数獲得が焦点

2015/1/25 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【アテネ=花房良祐】総選挙を目前にしたギリシャの最新の世論調査によると、緊縮財政に反対する最大野党の急進左派連合が与党・第1党の新民主主義党(ND)を引き離している。NDが連立を組む全ギリシャ社会主義運動(PASOK)も苦戦する。急進左派が第1党に躍り出るとの観測が強まり、単独で過半数を取れるかどうかが焦点になってきた。

23日に地元メディアが伝えた4つの世論調査を平均すると、急進左派の支持率が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]