/

クリントン氏、TPP「再交渉を」

【ワシントン=吉野直也】米大統領選で民主党候補に確定したヒラリー・クリントン前国務長官(68)は21日、米中西部オハイオ州で演説した。昨年秋に大筋合意した環太平洋経済連携協定(TPP)の再交渉に言及。共和党候補が確定している不動産王ドナルド・トランプ氏(70)が掲げる所得税減税構想などの経済政策を批判した。

クリントン氏は「米国人の利益にならない貿易協定は再交渉すべきだし、TPPのように私の基準を満たさない合意は拒否すべきだ」と明言した。同氏はTPPについて「現時点で不支持」と反対する立場を示してきたが、再交渉に触れるのは初めて。クリントン、トランプ両氏がTPPの再交渉で足並みをそろえたことになる。

クリントン氏はトランプ氏の経済政策に関して「トランプ氏が大統領に就任すれば『トランプ不況』に陥る。リベラル派も保守派も(トランプ氏の経済政策を)破滅的だと言っている」と力説した。「彼に(核兵器の発射)ボタンに触れさせてはならないように、私たちの経済にも触れさせてはならない」と呼びかけた。

トランプ氏の所得税減税構想を実行すれば「国の借金を20年間で30兆ドル(約3120兆円)以上増加させる」と強調し、財源の裏付けがない減税構想を非難した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン