韓国「少女像」波乱の芽 政府、移転時機探る
争点化狙う野党、支援団体は強硬姿勢崩さず

2016/1/21 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=峯岸博】ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の移転問題が韓国内の波乱の芽になりつつある。昨年末の日韓合意は、韓国政府による「解決への努力」を明記したが、元慰安婦支援団体に加え、野党も4月の総選挙での争点化を狙って再交渉を求めるなど移転の道筋がみえない。韓国政府は時機をうかがいながら環境づくりを進める構えだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]