2019年5月21日(火)

緊迫 北朝鮮

フォローする

米大統領、北朝鮮拉致を非難 国連演説で横田さんに言及

2017/9/20付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=川合智之】19日の国連総会の一般討論演説で、トランプ米大統領は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮について「13歳の日本人少女を拉致した」と、横田めぐみさんを念頭に拉致問題に言及した。このほか、テロ組織を支援するイランを「ならず者国家」と呼んで非難。米欧など6カ国とイランの核合意を「米国にとり最も一方的で最悪の取引だ」と批判的な見解を改めて示した。

トランプ氏は15分の持ち時間を大幅に超え、約40分間演説した。「私は米大統領として常に米国第一を掲げる」とした上で「皆さんが自国第一を掲げるのと同じだ」と主張。「米国は常に世界の友人だ」として国際社会が協力して世界の脅威に対処すべきだと訴えた。

イランについてトランプ氏は地域情勢を不安定にさせている「残忍な政権だ」と非難。米が制裁を科すベネズエラは「腐敗した政権」とマドゥロ大統領を非難し、「民主主義の完全な復活が必要だ」と訴えた。「イスラム過激派のテロを止める」とも強調し、シリアやイラクでの過激派組織「イスラム国」(IS)掃討に意欲を示した。

緊迫 北朝鮮をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報