2019年9月20日(金)
トップ > 特集 > 対米外交 > 記事

米爆撃機、南シナ海人工島に接近 「通常訓練」中国けん制か

2015/12/19付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=吉野直也】米軍の戦略爆撃機B52が南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島に中国が造成する人工島12カイリ(約22キロ)以内を飛行したことが分かった。米国防総省当局者は18日、日本経済新聞の取材に「国際法に従った通常の訓練飛行」と指摘したうえで「12カイリ以内の飛行を意図した『航行の自由』作戦ではない」と語った。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。