トップ > 特集 > 新着 > 記事

南シナ海、国際的支持狙う 軍主催の国際会議で

2015/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】中国軍系団体が主催するアジアの安全保障に関する国際会議「香山フォーラム」が18日、3日間の日程を終えて閉幕した。中国は自前の国際会議の場を通じ、南シナ海の領有権問題などで自国に有利な世論形成を図る狙いが透ける。会議には過去最多の49カ国・4国際機関から約500人の政府関係者や有識者が参加し、うち中国との経済関係が深いマレーシア、インドネシアなど16カ国は防衛担当大臣を出席させた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]