2019年9月17日(火)
トップ > 特集 > 対米外交 > 記事

中国、米大使に抗議 軍艦売却「制裁含む措置を決定」

2015/12/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】中国の鄭沢光外務次官は16日、在中国米大使館の臨時大使を呼び、米国が台湾へフリゲート艦などの武器売却方針を決めたことに抗議して、取り消しを求めた。「台湾は中国領土の不可分な一部で、武器売却に断固反対する」と述べたうえで、「台湾に武器輸出する企業への制裁を含む必要な措置を決めた」と伝えた。

中国外務省が17日に明らかにした。鄭氏は今回の武器売却が「中国の主権と安全保障上の利益を深…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。